EASTPAK(イーストパック)

EASTPAK(イーストパック)は、1952年に設立した。創設者はモンテ・ゴールドマンだ。そして、バックパック、バッグの製作を始めた。まず、軍事用品としてリュックサックを開発。これは軍用だった為に、品質基準はかなり厳しいものになった。この精神はブランドの根底にあり、今もイーストバックの製品の品質基準は厳しい。

その後、息子のマーク・ゴールドマンが、1976年に会社を継ぐことになった。イーストパックは、バッグブランドとして独自路線に入って行くことになった。彼は、学生の頃から軍用のブリーフケースを持って学校へ行っていたが、当時は誰もそのようなことをしていなかった。彼はこの点に目を付けた。そして、学生の為のブリーフケースを開発した。すると、たちまち流行になったのだ。

1981年には、この路線が大成功して、イーストパックは急成長して行った。そして、デザインは派手で楽しく見える色が、この頃からのブランドの共通イメージになった。

取得に失敗しました:https://app.rakuten.co.jp/services/api/IchibaItem/Search/20140222?applicationId=1005711238165279331&format=xml&affiliateId=0f2a10da.f6ce6738.0f2a10db.159704bf&genreId=0&imageFlag=1&hits=28&keyword=EASTPAK+%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89
0

1